注目!給食のアレルギー対応法。現場の負担を減らし、子どもも嬉しい工夫を。

Facebook Twitter LINE

自分のメニューだけが違っていたり、あるはずのものがなかったり……食物アレルギーを持つ子どもたちにとって、給食の時間は少し寂しいものになるときがあります。

みんなと同じメニューを楽しんでもらいたい。そんな思いから近年は「アレルゲンフリー」の給食に注目が集まるようになりました。ここではアレルゲンフリー給食の考え方や導入のポイントを紹介します。

学校給食における従来のアレルギー対応と課題

現在、給食を提供している多くの学校のアレルギー対応は、厚生労働省の指針を基につくられたマニュアルに沿って実施されています。

学校給食での食物アレルギー対応例

現行の対応はアレルゲンとなる食材を「除く」ことや食事を「分ける」ことがほとんど。しかし、調理工程から場所や器具を分けなくてはならないため手間がかかる、配膳の間際まで監督が必要なため現場の負担と責任が大きいといった問題点も多く、人為的ミスが起きる可能性も排除しきれません。

子どもの学校生活への影響も

さらにアレルゲンの除去食や代替食は、普通食よりも味が劣っていたり、みんなと異なるメニューしか食べられなかったりすることから子どもが不満や孤立感を抱きやすく、学校生活に影を落としてしまうことも考えられます。
マイノリティへの配慮が進められるなかで、アレルギーを持つ子どもへの対応も今後ますます柔軟性が求められることは間違いないでしょう。

すべての子どもに同じ給食を提供する工夫とメリット

アレルゲンイメージ写真

これらの課題を一挙に解決するため、そもそもアレルゲンとなる食材をメニューに使用しない給食を導入する幼稚園や保育園、学校が増えてきています。
これは「アレルゲンフリー給食」と呼ばれ、7大アレルゲンである卵、乳、小麦、えび、かに、そば、落花生を使用しないよう工夫されています。

アレルゲンフリー導入のメリット

提供するメニューがアレルゲンフリーになっていれば、調理工程や調理器具を分けたり、配膳の監督をしたりといった業務と負担から開放され、おいしい食事づくりに集中できるようになります。
また、お弁当づくりに追われていた保護者の方の負担も軽減。そしてなにより、当事者の子どもたちもみんなと同じメニューを味わえることで、給食の時間を一層楽しく過ごすことができるようになります。

主食から取り組むアレルギー対応

アレルギー対応パンイメージ写真

とはいえ、毎回すべてのメニューを完璧なアレルゲンフリーにすることは簡単ではありません。そのため、できるところからアレルギー対応に取り組むという考え方もあります。

主食を卵・乳不使用のパンにするという選択肢

導入にあたり最も簡単でおすすめなのは、主食のパンをアレルギー対応のものに変更すること。洋風のおかずによく合い、子どもからも人気のメニューであるパンだからこそ、「除く」「分ける」以外の選択肢が求められます。
具体的におすすめしたいのが、卵・乳不使用のパンです。全食物アレルギーのうち卵と牛乳は全体の約60%を占めており(※)、これを外すことで自由に食事ができる子どもの数がぐんと増えるからです。
アレルギー対応食品の懸念点は味や見た目が通常品に比べて劣ることですが、近年では各社が工夫を重ねてきており、卵や乳を使わずとも甘みやコクを感じられるよう技術が発達しています。

※ニッポンハム食の未来財団「食物アレルギーの原因物質とアレルゲン表示」より

オリエンタルベーカリーのアレルギー対応パン

オリエンタルベーカリーでも、卵や乳を使っていないパンのラインナップがあります。卵不使用のパンと卵、乳不使用のパンがあるため、状況に応じてぴったりなアイテムをお選びいただけます。

卵不使用のパン

卵を使わずともコクが出るよう、原材料にひと工夫。しっとりソフトな食感です。「普通のパンよりも美味しい!」といった声も多く、みなさまにおすすめできる商品です。重量規格も豊富なので、子どもの年齢や成長に合わせたサイズをお選びいただけます。

①NEGロール:小さなお子様でも食べやすいしっとり、ソフトなロールパン。

②NEGコッペ:しっとりソフトな食感の生地を、給食の定番コッペパン型に焼き上げました。

③NEGレーズンドッグ:しっとりソフトな食感の生地にレーズンをたっぷり混ぜ込み、ドッグパン型に焼き上げています。

卵、乳不使用のパン

卵、乳だけでなく、イーストフードや乳化剤も不使用。パンが硬くなりにくい小麦粉を使用することでふんわり食べやすい食感に仕上げています。黒糖蜜を使用しているのでコクがあり、風味にもほんのり黒糖の甘みが感じられます。

①ネオ麦ロール:イーストフード・乳化剤不使用。安全・安心にこだわり、小さなお子様でも食べやすいほんのり黒糖風味のソフトな食感のロールパン。

②麦コッペ:イーストフード・乳化剤不使用のソフトな食感の生地を、給食の定番コッペパン型に焼き上げました。

おわりに

いかがでしたか? 安全面に加え、柔軟な対応が求められる給食のアレルギー対応。その取り組みの第一歩として、ぜひオリエンタルベーカリーの卵、乳不使用のパンをご検討ください!
商品や仕入れに関するお問い合わせもお待ちしております。

お問い合わせはこちら

※掲載情報は、2021年12月現在のものです。